サプリメント専門薬剤師の平井です。

今回は葉酸動脈硬化を予防するということについてお話したいと思います。

近年、血液中にホモシステインという物質が増えることが、動脈硬化をまねく要因の一つだということが分かり、さかんに研究がおこなわれています。

動脈硬化は、心臓病脳梗塞につながる恐れがあります。

また、血液中のホモシステイン量の上昇が、認知症(痴呆)アルツハイマー病の危険因子であるとの研究結果も出ています。

このホモシステインとは一体何なのでしょう?

ホモシステインとはアミノ酸の一種で、タンパク質の代謝(分解)過程でつくられるので、健康な人の血液中にも存在します。

しかし加齢によりホモシステイン濃度が上昇していき、女性では特に閉経後高くなります。また、遺伝的疾患により、若者でも高くなる場合があります。

ホモシステインが血液中に過剰になると、大量の活性酸素を発生し、LDL(悪玉コレステロール)を酸化LDLにしてしまいます。酸化LDLは体の免疫機能になっているマクロファージなどの白血球により処理されますが、量が多くて処理しきれない場合、マクロファージ自体が酸化され、血管の壁に蓄積してしまいます。その結果、血管の内側が狭くなり、動脈硬化が引き起こされるのです。

このホモシステインを代謝する(無害なものにする)ビタミンが葉酸なのです。

血液中のホモシステイン濃度を下げる、葉酸服用量の最も低い値を決める臨床試験では(期間:12週間の摂取)、329μgというデータが出ました。

葉酸を適切な服用量で摂取することによって、ホモシステイン濃度を最大90%下げる、という結果が出ています。

ホモシステインを無害化するためには、葉酸の働きを助けるビタミンB12を一緒に摂ると効果的です。

【眼精疲労サポートパック】医療用サプリメントは、葉酸ビタミンB12が組み合わさっていますので、効率的です。

また、ホモシステインの無害化にはビタミンB6も関わっています。よりお求めになる方は、【疲労・ストレスサポートパック】サプリメントや【医療用マルチビタミンミネラル】も併用すると良いでしょう。

まとめると、

動脈硬化による心臓病脳梗塞 認知症(痴呆)及びアルツハイマー病の予防・進行防止(をお求めになる方)

→【医療用マルチビタミンミネラル】1日量 または 【眼精疲労サポートパック】 1日 1袋 

より予防強化(をお求めになる方)

[眼精疲労サポートパック】1日1袋 【医療用マルチビタミンミネラル】1日量 または [疲労・ストレスサポートパック] 1日 1袋 

となります。

葉酸を一定以上の量で積極的に摂ることで、血液中のホモシステイン量の増加が抑えられ、動脈硬化による心臓病や脳梗塞などの疾患のリスクを大幅に低下させることが出来るのです。