こんにちは、サプリメント専門薬剤師の平井です。

皆さまは「抗酸化作用」という言葉をお聞きになったことはありますか?

今現在、様々な美容・健康情報の場で出てくる言葉なので、全く耳にしたことがない、という方はあまりいないのではないでしょうか。

それくらい私たちが美しく、健康で、長生きするためには注目すべきフレーズなのです。

体の酸化は、多岐にわたって様々な健康被害をもたらします。

「抗酸化」=体の酸化に対抗する、とは一体どういうことでしょうか。

まずは体の酸化、ということをはっきりとした知識で知る必要があります。

私たちの体が酸化されるということを別の例えで表現すれば、生体がサビついて、正常な働きが出来なくなることです。

酸化現象は美容を損なうだけでなく、老化を助長し、致命的な病気を引き起こす重大な原因にもなります。

この酸化を促しているのは、活性酸素、というもので、過度なストレス・紫外線・喫煙など様々な原因で体内で生成されます。
活性酸素はただ普通に呼吸をするだけでも発生させてしまうので、全く発生させないようにするのは不可能です。
活性酸素は前述のように老化の原因となるので、呼吸が早い動物ほど呼吸により活性酸素を発生させ、寿命が短いとの興味深いデータもあります。

しかし我々生体もやられっぱなしではありません、もともと活性酸素の生成を抑えたり、生成した活性酸素を消したりする防御システムが備わっています。

しかし加齢により、これらの防御システムの能力が低下していくことが分かっています。
これが自然の摂理であり、活性酸素の害によって年を取るほど体は老化し、病気にもなりやすくなるのです。

以下、活性酸素の害について簡単に確認出来るようにまとめます。

 

【活性酸素が細胞や組織に与える影響】

脂質・タンパク質・糖質を酸化する

⇒細胞の性質を変化させたり、機能を低下させる

生活習慣病や老化性疾患、老化の原因となる

 

【活性酸素が遺伝子へ与える影響】

⇒遺伝子(DNA)を損傷する

⇒遺伝子が突然変異をおこす。

がん細胞が発生する。

 

≪活性酸素によって生じる主な美容障害≫

◆メラニン生成の促進 → シミ・ソバカス・日焼け

◆皮脂の酸化促進 → ニキビの悪化

◆細胞膜の酸化促進 → 身体全体の老化

◆皮膚繊維の量的・質的変化 → シワ・たるみ

◆化学伝達物質の増産 → 皮膚炎

 

≪活性酸素によって生じる主な健康障害≫

心筋梗塞 脳梗塞 肺硬化症 胃潰瘍 脳卒中 がん 糖尿病 パーキーソン病 白内障 痛風 肺気腫 

各種の炎症(アトピー性皮膚炎・皮膚炎症・胃炎・肺炎・関節炎 など)

 

前述のように体の中で、加齢により活性酸素に対抗する力が低下していくので、老化や、病気が起こる頻度が増えるのです。

そこで「抗酸化剤」によって、体の酸化作用を抑制することが重要になってきます。

抗酸化作用がある抗酸化剤は、体内の活性酸素を除去して、細胞や遺伝子への攻撃を防いだり、発がん性物質の活性化を抑制する効果を発揮します。

そのため、老化の進行を抑えたり、動脈硬化や糖尿病、がんなどの予防にも役立つというわけです。

薬剤師カフェvitaの医療用サプリメントの医療用マルチビタミンミネラル 抗老化サポートパックは、いわば超高濃度の抗酸化剤を効率よく組み合わせたものになります。

抗酸化、という言葉は日本では美容分野で多く目につく言葉だと思いますが、抗酸化剤は欧米では健康のため、シニアの方が積極的に摂る成分でもあります。

抗酸化剤は美容面で役立つほか、老化防止や病気の予防にもなったりすることがお分かりになっていただけたでしょうか。

美しさを得るだけでなく、私たちが元気で長生きするためにも、抗酸化剤はとても重要な成分なのです。