お問い合わせ
080-4418-4255
担当: 薬剤師 平井陽子
米国の医療現場で医師が患者様に処方するサプリメントが医療用サプリメントです。医療費が極めて高額な米国には、病気になる前の予防である「予防医学」という概念が深く根付いています。そのため、医療を受ける側だけでなく、医療の側も、「病気を治すこと」と同じ重要さをもって「病気にならないための指導」に力点を置いており、医療用サプリメントが活用されています。また、病気になってしまった患者様への栄養サポートとしても医療用サプリメントは使用されます。医師が患者様へ処方するサプリメント、よって高品質で安全なのです。
一般的なサプリメントと医療用サプリメントの違いは比べ物にならないほどの極めて高い含有量。だから体感型のサプリメントなのです。マルチビタミンミネラルに関しても日本製の一般的なサプリメントと比べ、医療用サプリメントは10倍~100倍ほどの含有量を誇ります。

医療用サプリメントはGMP規格という、医薬品を製造するための厳しい工業規格を厳守して製造されています。GMP規格のもとサプリメントを製造していると米国科学局から認められたサプリメントメーカーはサプリメント先進国米国でもわずか数社しかありません。米国の全てのサプリメントが良いわけでなく、「医療用サプリメント」だからこそ医療機関で使用出来るのです。また、日本の一般的なサプリメントは法的には「食品」扱いになりますので、含有量が少ないだけでなく、医療用サプリメントのように科学的根拠をもとに高機能に製造されていません。
無農薬、自然素材を100%使用し、アメリカ・日本・ヨーロッパ原産の安全で高品質な原料を使用しています。工場に入るすべての原材料は品質管理担当者が厳しい目で点検し、サンプリングされて研究所へ送られます。そして、サンプルの分析試験にパスした原材料だけが生産にまわされます。米国では医療現場で弱った患者様にも栄養療法で使用する為に、着色料・保存料・香料なども入っておらず、安心で安全です。
体温以下の低温製造のため、活性化された成分や栄養素がそのまま入っています。一方、日本国産のサプリメントでは一般的に60度~ 80度の高温で製造するため、ビタミンB群やビタミンCなど高温に弱い栄養素が壊れてしまっていることがあります。
医療用のサプリメントは各種特殊加工がしてあります。低分子にして吸収しやすくしたり、水溶性のビタミンなどは吸収率を上げるため数時間かけてゆっくり溶けるようになっています。さらに胃ではなく腸で溶けるようになっていたりと、成分の特質ごとに製剤学的な加工をしていて、高含有量でも効率良く、最大限吸収させるようになっています。ビタミンなどの成分の一部には摂りすぎると良くない成分もありますが、そのような成分も日本人の成人が摂取しても過剰摂取にはならない問題のない含有量で調整されていますので、ご安心してお使いいただけます。

※医師の治療を受けている方、妊婦・授乳婦は医療用サプリメントの摂取の際は必ず主治医へご相談ください。